• お役立ちコラム
  • お知らせ

賃貸でエアコンクリーニングは自己負担?それとも管理会社やオーナー側の負担?

近年、ほとんどのマンション、アパートといった賃貸では、物件の設備としてエアコンが備え付けられています。
賃貸は、更新のたびに引っ越しをする方もいるかもしれませんが、中には1つの物件に5年~10年以上といったように長く住まわれる方も居ます。

そんな長期的に住んだ際に備え付けのエアコンの掃除は自己負担なのか、それとも管理会社やオーナー側が負担してくれるか、今回は、賃貸のエアコンクリーニングについて紹介させて頂きます。

賃貸入居前

まず、賃貸入居前の場合は、エアコンに限らず、室内全てを清潔にして明け渡すというのは管理会社やオーナーが行うべきことです。
入居者が気持ちよく入居することが出来るように内見後、正式に契約して入居する入居日前までに清掃をおこなっておく必要があります。

もし入居したばかりで、エアコンが汚い、エアコンの調子が悪いなど不具合があったら管理会社やオーナーに連絡を入れてみてください。
管理会社やオーナー負担で再度エアコンのクリーニングを行ってくれます。

賃貸入居後

賃貸に入居後、日常的に利用していてエアコンが壊れたといった場合は、賃貸に関する備品なので管理会社やオーナー負担で新品に交換してくれるところがほとんどです。

しかし、日常的な清掃に関する点は、入居者が行う必要があります。
キッチンやふろ場、トイレ、床掃除を入居者が行うのと同様にエアコンも入居者自身で負担しなければならない点です。

清掃方法は、自分でしてもかまわないですし、ハウスクリーニング業者に委託してもOKです。
しかし、清掃の際に万が一エアコンを壊してしまった場合は、日常的に利用していてエアコンが壊れたというケースとは異なるので、入居者の弁償になるでしょう。

賃貸物件のエアコンの扱いは、物件ごとに対応が異なります。
エアコンクリーニングを行いたい場合は、一度管理会社やオーナーに相談してみてほうが確実でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、賃貸のエアコンクリーニングについて紹介させて紹介させて頂きました。

賃貸のエアコンクリーニングは、入居者負担になります。
賃貸物件のエアコンクリーニングについては、物件ごとに対応が異なるので迷ったときは、まず管理会社やオーナーに相談しましょう。

お気軽にお問い合わせください
ハウスクリーニング専門店

「任せて安心」あいおいニッセイ賠償責任保険に加入しています

© 2019 KUMASAN House cleaning

pagetop