• お役立ちコラム
  • お知らせ

ハウスクリーニングの内容

賃貸に住んでると退去の時に必ずといってもいいほど、ハウスクリーニング清掃料を取られます。
実際のところ本当に清掃料金として費用が掛かっているのか

今回は、賃貸退去時のハウスクリーニングの内容について紹介させて頂きます。

ハウスクリーニングの内容

ハウスクリーニングは、賃貸退去時に必ず必要というわけではありません。
入居者が通常通りの使い方をして、通常通り綺麗に清掃していたらハウスクリーニングを負担する必要はありません。

しかし、見落としてるような汚れがあったり、料理をした際に換気扇への油汚れなど、素人ではどうすることも出来ない箇所はやっぱりプロの業者に頼む必要があります。

特に、次の入居者が利用するにあたってプロの力を借りなければいけない箇所が

  • キッチン、コンロ、換気扇汚れ取り・シンク磨きなど
  • トイレクリーニング
  • 照明、カーテンレール、ベランダのクリーニング、お風呂場など

このあたりはどうしても必要になる場所といえるでしょう。
換気扇やシンクをピカピカにするのは素人の手に負えないことが多く、また、トイレやお風呂場なども、人に貸すレベルまで清掃するのは至難の業です。

他にも自身で清掃しても見落としてしまう・照明、カーテンレール、ベランダのクリーニングはプロに任せるという理由で費用が課せられます。

退去時のクリーニングの相場

ハウスクリーニングを行った場合の費用の相場はワンルームの一人暮らしのお部屋であれば2万円~3万円が相場です。
しかし、汚れ具合や清掃範囲にもよるので相場も一概には言えません。

相場と大きく金額が変わるようであれば明細を見せてもらったり、理由を聞いてみることをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、賃貸退去時のハウスクリーニングの内容について紹介させて頂きました。

入居者が賃貸物件を通常に使い通常の清掃をしていればハウスクリーニング費用を負担する必要はありません。
ただし、調理などで換気扇などを利用して汚していた際には、部屋をどれだけ綺麗にしてても退去時にハウスクリーニングを行ってもらう必要があります。

料金も作業量、汚れ具合や広さにもよるので一概には決まっておらず価格に変動があります。
賃貸物件のクリーニング代に少しでも疑問に思ったら必ず管理会社に相談することをお勧めします。

お気軽にお問い合わせください
ハウスクリーニング専門店

「任せて安心」あいおいニッセイ賠償責任保険に加入しています

© 2019 KUMASAN House cleaning

pagetop