• お役立ちコラム
  • お知らせ

ハウスクリーニングと家事代行は何が違うのか?

共働きが当たり前となった今「ハウスクリーニング」を利用する家庭が多くなり世間に段々と浸透してきました。
ハウスクリーニングとよく混同されるサービスとして、「家事代行」というものがあります。

今回は、ハウスクリーニングと家事代行は何が違うのかについて紹介します。

ハウスクリーニングと家事代行の違い

根本的な大きな違いは「専門性」という事が違います。
ハウスクリーニングは、普段の掃除で難しい場所を専用の道具で徹底的に掃除をする清掃のプロです。

プロ専用の道具や洗剤、プロの技術で、指定された場所のお掃除をします。
対する家事代行は、日常の家事の助けて欲しいことをサポートする事が仕事です。
なので、家事代行は掃除のサポートも普段、家で使用している洗剤を使います。

また、依頼があった場合は部屋の整理整頓もしてくれますが掃除に関する専門的な知識はありません。

ハウスクリーニングと家事代行の使い分け

ハウスクリーニングと家事代行の違いを理解すると、利用の使い分けることができます。
例えば、共働きで家の掃除が思うようにできず、部屋が荒れていき、助けて欲しいと考えるのならば、家事代行を利用することがおすすめです。

なぜなら、家事代行は日常的に部屋を綺麗に保つことをサポートするのが仕事なのです。
一年以上などの長期的な積み重ねの汚れを綺麗に落としたい、汚れが落ちないところの掃除をしてほしいと感じたらハウスクリーニングを利用することがおすすめです。

なぜなら、プロの道具と技術で指定した場所を完璧に綺麗にするのがハウスクリーニングするのが仕事なのです。

家事代行の仕事内容

家事代行の仕事は、日常の家事サポートです。
なので、日常で行われている家事が仕事の内容です。

家事代行サービスの会社によってサービスは異なりますが、清掃のほかにも料理など家事に関することは全て快く引き受けてくれます。
掃除も両親が掃除してくれた部屋のような状態にしてくれることは容易にしてくれるので清掃の人手が欲しいときにうってつけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ハウスクリーニングと家事代行は何が違うのかについて紹介させて頂きました。

両方にとって異なる点を短くまとめるなら専門性が差になってきます。
ハウスクリーニングも家事代行も上手く活用することで、生活を少しでもよりよくできるようにお互いの特性を理解し活用されてみてください。

お気軽にお問い合わせください
ハウスクリーニング専門店

「任せて安心」あいおいニッセイ賠償責任保険に加入しています

© 2019 KUMASAN House cleaning

pagetop