• お役立ちコラム
  • お知らせ

【プロが教える】シンクがカビ臭いと思った時の対処法!

排水の掃除は一般の方では難しいので徹底的にきれいにしたいなら掃除のプロであるハウスクリーニング業者に頼むのが結果最善策です。
とはいえ、大なり小なり出費も掛かってしまうものなので何とか安価に抑えたい人のために。

今回は、プロが教えるシンクがカビ臭いと思った時の対処法について紹介させて頂きます。

シンクを開けると悪臭

キッチンのシンク下の戸棚。
調味料や、フライパン、お米や洗剤など勝手の便利なモノを入れてらっしゃる家庭が多いと思いますが、そこはシンクからの配管が通っているので水が頻繁に流れており

当然湿気も溜まりやすい場所となっています。
シンクからの流れモノや、湿気が溜まるとなると、嫌な臭いが発生しやすいスポットといえます。

シンクの下の臭いの原因

シンクの下が臭い主な原因は3つです。

カビ、雑菌が繁殖している

シンクの下にカビや雑菌が繁殖してしまうと、臭くなることがあります。湿気がたまると、カビや雑菌が繁殖してしまいそれが臭いの原因となります。

配管に隙間がある

キッチンのシンクなのでどうしても汚れものを流します。その通路である配管の接続部分に隙間があると、下水道の臭いが充満することに繋がります。

配管が詰まっている

自身が流した汚れが蓄積して壁の滑りとなり、それが積み重なるとつまりに近い汚れになります。
臭いの原因がそこに滞在するので当然匂いがあがってきます。
さらに厄介なのは自身が利用してない先のパイプでの詰まりによる臭い。これは自分の力ではどうにもできません。
賃貸の場合だったら管理会社に連絡して相談しましょう。

漂白剤が効果的!

基本的に臭いの主な原因はカビや雑菌です。
カビや雑菌には、塩素系漂白剤が効果的。

パイプもシンク下も定期的に塩素系漂白剤で洗浄すれば臭いは消えます。
しっかりと換気して雑巾に塩素系漂白剤を染み込ませてシンクの下を全体的に拭きましょう。

塩素系漂白剤は殺菌効果があるので、カビ・雑菌の繁殖を抑えてくれます。
その後、水拭きをすればオッケーです。

塩素系漂白剤にプールのようなにおいがあるから消えてるのではなく、ちゃんと根本から綺麗にしてくれてます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、プロが教えるシンクがカビ臭いと思った時の対処法について紹介させて頂きました。

最後に、せっかく塩素系漂白剤を用いて綺麗に掃除したとしてもシンク下を掃除前と同じような使い方をしていたら同じようにカビ・雑菌が発生してしまいます。
定期的に換気したり除湿剤などを置いて湿気が溜まらないように心がけましょう。

お気軽にお問い合わせください
ハウスクリーニング専門店

「任せて安心」あいおいニッセイ賠償責任保険に加入しています

© 2019 KUMASAN House cleaning

pagetop