• お役立ちコラム
  • お知らせ

【プロが教える】セスキ炭酸ソーダと重曹の違いとは?

掃除のプロであるハウスクリーニング業者は、汚れに対して適切な洗剤を用いて効果的に汚れを落とします。
ここ数年で、エコでナチュラルな洗剤が好まれるような傾向になってきましたが中には、セスキ炭酸ソーダと重曹たいして変わらないんじゃないの?と思われてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、セスキ炭酸ソーダと重曹の違いについて紹介させて頂きます。

セスキ炭酸ソーダと重曹の性質

セスキ炭酸ソーダと重曹はどちらも酸性の性質をもっています。
なので、油汚れや皮脂などを落とすのに適しています。
酸性は他にも、腐敗臭、生ゴミのニオイ、血の汚れ、湯垢、食べこぼしなどにも効果的です。

セスキ炭酸ソーダと重曹の違いは?

どちらも同じ性質を持つと紹介しましたが、それぞれに違いがあるのか、セスキ炭酸ソーダと重曹の違いについて掘り下げていきますね。
共通する部分は簡略化して、それぞれ片方にしかない特性を紹介していきます。

セスキ炭酸ソーダ

アルカリ性が高いので手あかや油脂、血液などのよごれを落とす力はセスキ炭酸ソーダの方が強い。
セスキ炭酸ソーダは、水に溶けやすい。

重曹

研磨力がある。研磨力があるので鍋の軽いこげ落としや、シンク洗いに使えます。
発砲力が強い。

これらがそれぞれの違いになります。

簡略して違いを紹介

セスキ炭酸ソーダと重曹の違いを簡略化して分かりやすくいうと重曹はアルカリ性は低いけれど、研磨力や発砲力あるから研磨して磨きたい汚れに対して効果的でセスキ炭酸ソーダは、重曹よりアルカリ性が高いので油脂の汚れを落とす力が重曹より強く水にも溶けやすいといった違いになります。

この違いを理解した上で、日常の使い分けをしていくだけでとても効率的に家事ができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、セスキ炭酸ソーダと重曹の違いについて紹介させて頂きました。

どちらも使い方を分かっていればサッと綺麗にできます。
さらに、価格も安くナチュラルなのでエコですね。
是非、セスキ炭酸ソーダと重曹を使い分けて活用されてみて下さい。

お気軽にお問い合わせください
ハウスクリーニング専門店

「任せて安心」あいおいニッセイ賠償責任保険に加入しています

© 2019 KUMASAN House cleaning

pagetop