• お役立ちコラム
  • お知らせ

室外機を掃除すると節電になる!プロが教える節電方法

エアコンは付けた際に、ホコリっぽい臭いがすると清掃しようという気になりますが室外機は、家の外にずっと置いてあるのでついつい放置しがちですよね。
室外機は定期的に掃除しないとダメなのか?今回は、室外機の清掃について紹介させて頂きます。

室外機の役割

エアコンはリモコン一つで部屋を涼しくしてくれたり、温めてくれたりする生活には欠かせない設備の一つ。
そのエアコンは、当然ですがエアコンは本体だけで作動できません。

本体を室内機といい、エアコンは室内機と室外機の2つセットで始めて機能するのです。
室内機は汚れなどの異変にすぐ気づけますが、室外機はその名前の通り外に設置します。

そのため、重要な役割を果たしているにも関わらず室外機はついつい忘れがちになります。
室外機の役割を冷暖房で分かりやすく紹介していきます。

冷房の場合、室内にこもっている熱を外に排出することによって、室内の温度を低くしています。
エアコンの冷たい風で部屋が涼しくなってると思いがちですが、室内機と室外機はパイプでつながれていて、その中に冷媒と呼ばれる物質があり、この冷媒という物質が部屋の中にある熱を外に運び出して部屋が涼しくなっています。

暖房の場合、室外機で熱を蓄え。それを室内機に送っています。

室外機が汚いと運ばれる風も汚い

室外機の役割を知ると分かる通り、特に暖房が室内に風を送り込んで部屋を暖めるので室外機が汚れてると汚い風が部屋に入り込んでいるというのがわかるかとおもいます。
そして何より注意すべき点が、エアコンの消費電力のうち、約90%は室外機が作動することで発生しているのです。

なので汚れていると効率よく働いてくれなくなってしまいます。
エアコンの室内機だけではなく室外機もきれいにすると新鮮な風を取り入れて効率よく稼働して節電に繋がるのです。

室外機の簡単な清掃方法

室外機を掃除するといっても、掃除したことがない方は、どうやって掃除したらいいのと思いますよね。
室外機を掃除する方法ですが、まず室外機見える範囲の汚れを取り除いて下さい。

次に、室外機には、格子状になった部分(風が送り出される部分)があります。
熱を外に放出する大事な場所ですが、この場所がホコリが詰まりやすくなっています。

これらをホウキなどで簡単に取り除ける範囲は落として下さい。
最後に、室外機の下面。

室外機の下には水抜き穴というものがついており、汚れがあると水がたまってしまいます。
ここの詰まりは、エアコンの性能低下につながるだけではなく、ショートにもなるので気を付けてください。

最後に、基本的なことを言い忘れていたので捕捉ですが清掃する際はエアコンの利用は絶対しないで清掃に取り組まれてください。
大まかに見える範囲の汚れを取るだけでも消費電力は変わりますので時間が出来たら是非清掃してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、室外機の清掃について紹介させて頂きました。

エアコンを掃除するとなると、メインとして考えるのは室内機ですよね。
しかし、室内機だけをクリーニングするだけでは不十分です。

ハウスクリーニングではエアコンの清掃を依頼されれば当然どちらもセットで綺麗に清掃します。
自身で出来る範囲清掃することでも節約につながりますが、より節約効果を体感したいなら是非ハウスクリーニングをご利用ください。

お気軽にお問い合わせください
ハウスクリーニング専門店

「任せて安心」あいおいニッセイ賠償責任保険に加入しています

© 2019 KUMASAN House cleaning

pagetop