• お役立ちコラム
  • お知らせ

布団敷きっぱなしのリスクを解説

寝ている間に人は想像以上に汗をかいています。
除湿器を付けてる方ならその驚異的な水分を目の当たりにしたことがあるかと思います。

人は、寝ている間に冬でもコップ一杯以上汗をかいているといわれており、布団を敷きっぱなしにするとどういったことになるのか。
今回は、布団敷きっぱなしのリスクを解説について紹介させて頂きます。

布団敷きっぱなしのリスク

布団を干すというのは仕事をしてる人にとってはなかなか時間が取れずについつい敷きっぱなしになりがちです。
冒頭でも紹介しましたが、人は寝てる間に大量の水分を放出しています。

なので、放置したままだと大量の水分が団に染みこんで湿度の高い状態の布団になってしまいます。
湿度の高い布団はカビの温床となってしまいます。

更に、ダニにとっても格好の繁殖に適した環境になり、布団にダニが侵入して布団の中で大量繁殖して、大量のダニが出すフンによってアレルギーを引き起こす可能性があります。

リスクを抑える方法

カビやダニによるリスクを抑える定番の方法といえば天日干しです。
天気が良い日に外気にさらすことで、湿気を逃すことができます。

カバーを取り外して洗って布団をカバー無しで干される方もいらっしゃいますが、日差しによる布団へのダメージを軽減するためにも、カバーは付けた状態で干して構いません。
ちょっとした豆知識なのですが、布団の素材によっても干す頻度は変わってきます。

注意すべきは、綿布団です。綿布団は、吸水性が強いので週に1~2回こまめに干す必要があります。
とはいえ、どの布団でも週に1回ぐらいは湿気を逃がすという意味でも布団を干すように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、布団敷きっぱなしのリスクを解説について紹介させて頂きました。

敷きっぱなしの状態にしていると大量に染みこんだ水分が蒸発せず、湿度の高い状態になった布団はカビが発生したりダニが繁殖したりするリスクが多分にあります。
あまりに放置し過ぎると布団から絨毯カーテン、壁といったように被害は拡大していってハウスクリーニングなどプロの業者にお願いしないといけなくなってしまいます。

カビやダニはアレルギーの原因にもなってしまうので、時間をみつけて天日干しするように心がけましょう。

お気軽にお問い合わせください
ハウスクリーニング専門店

「任せて安心」あいおいニッセイ賠償責任保険に加入しています

© 2019 KUMASAN House cleaning

pagetop